勉強の場として塾講師の仕事の役割

勉強の場として塾講師の仕事の役割

塾講師の仕事とは

学力の向上を考えると、塾は勉強の場として大事な存在になってくるでしょう。学校の勉強では限界もありますし、時間も限られています。だからこそ、塾講師は頼りになる存在でなければならず、やりがいもはっきりした仕事になってくるでしょう。

塾講師の仕事の基本的なかたちは2つで、集団指導と個別指導に分かれます。塾の方針によっても異なってきますが、指導方法にも大きな差がついてくるため、重要です。スタイルとしてみていくと、少数かクラスなのかといった違いで考えるとわかりやすいでしょう。
生徒を何人相手にするのかということになってきますが、自分はひとりしかいません。指導のスタイルも大きく変化していくことになります。指導をしながら授業を進めていきますが、集団指導では個別の対応はほぼできなくなっていくでしょう。逆に個別指導はあくまでも個人レベルで見ていくことになります。

授業はいきなり始めるものではなく、準備が大切です。大半の時間がとられることになりますが、なによりも準備がしっかりしていないと授業になっていかないのは間違いありません。長期的な予測をする必要もあり、明日だけの準備ではないところも大きいでしょう。

非常に多岐にわたることをさまざまな視点でおこなっていかなければいけないのが塾講師です。教えるという部分だけではない努力も必要になってくることから、仕事の内容を考えるときの情報として参考にしていただければ幸いです。