勉強の場として塾講師の仕事の役割

勉強の場として塾講師の仕事の役割

塾講師の準備

塾講師で大きな比重を占めるのは、どういった授業を展開するかということになるでしょう。準備の段階から変わってきますが、長期的に考えながら、次の授業の展開を考えていきます。基本として1コマに対してどの程度の内容を入れていくか、進捗を見ながら作っていかなければいけません。

個別指導の場合には、生徒の理解度を考えて展開を作っていくことになります。集団指導の場合には、全体の進捗が重要になってくるため、個人の理解度は別途対応方法を考えていくことになるでしょう。

準備は非常に時間がかかりますし、授業を受ける立場から見てみるような研修も続けていくことになります。その中で、塾の目指す方針や指導方法を考えていきながら、内容も検討していくことになるでしょう。

指導をしながら、予習や復習といったサポートをおこない、受験指導や試験対策も作り上げていかなければいけません。面談といったことも細かくおこなっていくため、準備の中に細かに組み込んでいく必要があります。大半が準備に費やされてしまうので、それだけ多くの仕事が存在し、授業というかたちで仕上げていかなければなりません。望まれるような授業ができるのは準備が徹底しているからこそといえるでしょう。